FC2ブログ

n a k a i s m

sm@p maniac dayz

  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あきぴょんへ(´。`)

天皇様のおそばに乙返している御猫は、五位に叙せられてその名も「命婦のおとど」と呼んで、とても可愛らしいので天皇様は大事にしておられるが、その御猫が縁先に出て横になっていたとき、お守り役の馬の命婦が「まあ、お行儀がわるいこと。こちらへおはいりなさい。」と呼んだが、おとどは日が当たっているところに居眠りをして動かないので、馬の命婦はおとどを脅かそうと思って「翁丸はどこだ。この命婦のおとどに噛み付きなさい。」というと、翁丸は本当かと思って、馬鹿者の翁丸は走り寄り飛びかかったら、命婦のおとどはびっくりしてうろたえて、慌てて御簾に入ってしまった。

朝鰈の間に天皇様がいらっしゃったが、この様子を御覧になってびっくりなさった。猫を懐にお入れになって、殿上の侍臣たちをお召しになると、蔵人の忠隆となりなかとが参上したから「この翁丸を打ちこらして島流しにしなさい。今すぐに。」と仰せ付けられたので、男たちは集まって犬を打ちこらした。天皇様は馬の命婦をもおとがめになって「おもり役を変えてしまおう。これでは誠に気がかりである」とおっしゃったので、命婦は恐縮して御前にも出ず謹慎している。犬は狩り出して、滝口の武士などに命じて追放なさってしまった。
「ああ、いままではひどく身をゆすって偉そうに歩き回っていたのに。この三月三日には、頭の弁が柳の枝を追ってかずらに挿させ、桃の花をかざしとして挿させ、また桜花を腰に挿させなどしてお歩かせになったとき、こんな憂き目をみようとはまさか思わなかったであろうに」などと可哀相に思う。
「中宮様のお食事のときは、いつも見前に向かってかしこまっていたのに、なにもかも足りなくてさびしいこと」などと言って、三・四日たった日のお昼頃、犬がとてもひどく鳴く声がするので一体どんな犬がこのように長々と泣いているのだろうと聞いていると、多くの犬がそのほうへ様子を見に行っていた。

一条天皇に愛されている命婦のおとどという猫を、宮中に飼われていた翁丸という犬が、乳母の馬の命婦にそそのかされていじめてたので、天皇の怒りに触れ追放されてしまった。その後、私をはじめ女官たちが翁丸をしのんでいると、数日後に犬がひどく泣く声が聞こえてきた。



御側人が走ってきて「まあ、たいへんです。犬を蔵人が2人して打ちこらしめておられる。きっと死ぬにちがいない。追いやられた犬が帰ってきたというので打ち懲らしめていらっしゃる」という。かわいそうだなあ、翁丸である。「忠隆や実房などが打っている」というので、とめにやるうちにやっと泣き止んだが、「死んでしまったので陣屋の外に捨ててしまいました」というから、可哀相に思っていたその夕方、ひどく腫れあがり、呆れるほどのひどい姿をした犬でみすぼらしい犬が震えながらうろついているので、女房の1人が「翁丸かな。このごろ、こんな犬が歩いているのを見たことが無い」というから「翁丸」と呼んでみるが見向きもしない。「翁丸だ」ともいい、「そうではない」とも口々に申すので、中宮様は「右近がよく見知っているに違いない。呼びなさい」とお召しになると、右近が参上した。「これは翁丸であるか」とお見せになる。右近は「似ておりますが、この犬はあまりにも醜く気味が悪い感じでございます。それに『翁丸か』と名さえ呼ぶと、喜んでやって参りますのに、この犬は呼んでも寄ってきません。どうも違うようでございます。忠隆らは翁丸を『打ち殺して捨ててしまいました』と確かに申しました。2人がかりで打ちましたなら、どうして生きておられましょうか」などと申し上げるので、中宮様は可哀相なことだと思し召される。

「もどってきた翁丸を忠隆らが打ちこらしている」と聞き、とめにやったが死んだというので可哀相に思っていると、その日の夕方、みすぼらしい犬がうろついているのが見えた。翁丸かどうかいろいろ問いただしてみたが、どうもそうではないらしい。中宮様も憂鬱そうである。


暗くなってから食べ物を与えたけれど食べないので、これは別の犬だときめてしまった、その翌朝、中宮様が御髪をくしけずり、御手水を召されなどして、御鏡を自分におもたせになって、御覧になるのでおそばにいたが、犬が柱のもとにうずくまっているのを見やって「ああ、昨日は翁丸をひどく打ったこと。とうとう死んだというが、本当に可哀相なことである。今度は何の身に生まれ変わったことであろうか。それにしてもどんなにつらい気持ちだったろう」と独り言のように言うと、このうずくまっていた犬が身をブルブルと震わせて涙をしきりに落とすので、全く驚いたことである。さては、この犬はやはり翁丸だったんだなあ。昨夜は遠慮して素性を隠していたのだなあと、そのいじらしさに胸をうたれると同時に、感興深いことこの上ない。

御鏡をその場において「では、翁丸だったの」ちうと、ひれ伏して激しく泣く。中宮様もびっくりして、たいへんお笑いになる。右近の内侍を召して「これこれ、しかじかである」と仰せられると、みなわいわい笑いさわぐのを天皇様にもお聞きになされて、こちらへお伝わりになった。「驚いたことで・・・犬などにもこのような心のあるもの」とお笑いになる。天皇様付きの女房などもこのことを聞いて、こちらへ参り集まって呼ぶと、いまはもう立ち動く。「まだこの顔などが腫れていること、なにかお薬をつけてやりましょう」と私が言うと、そばの女房達が「とうと翁丸を可愛がる気持ちを言い表したわね」などと笑ったが、蔵人の忠隆がこれを聞いて、台盤所の方から「まことでございましょうか。その犬(翁丸)が見たいものです」と言って来たので「まあ、縁起が悪い。そのようなものは決しておりませぬ」と言わせたところ、「そうお隠しになっても、いつか見つけるときもございましょう。そういつまでもお隠し仰せにはなれますまい」という。
さて、その後おとがめも許されて、もとのよう宮中で変われる身となった翁丸。それにしてもわたしに同情の言葉をかけられて、身を震わせて泣き出した時のことはなんともいいようもないほど、面白くもあり可哀相でもあった。人間などこそ、他の人から同情の言葉をかけられると泣きなどはしょうが(まさか犬が・・・ねえ)

翌朝、わたくしが中宮様の御梳髪に奉仕しているとその犬がとてもうずくまっていたので、「昨日は翁丸を酷い目にあわせたなあ」というと、その犬が涙を流したので、翁丸だとわかった。昨夜はおとがめをはばかり恐れて、翁丸だということを隠していたのだ。天皇様をはじめみんな人間と同じような心をもつ翁丸に感じ入った。その後おとがめもなくもとのようになった。
スポンサーサイト

■ コメント

なんか、、、、ほんとに申し訳ない!!笑
ごめん笑
ほんまありがとう笑
笑笑笑
勉強になったー?!(;_;)
P検のタイピングは5万点とれるよ。。。
ありがとう!今さっき帰ってきたとこやねん。
今から勉強して古文完璧にするわ。。。

あはははははっはははははっはは。

あはははっはははっはははっははは。

せんきゅーそーまっちはマッチョ。

またコメントしたくなった。

今日ね。

ヒライケン聴いたの。。。。

それだけ。。。。

私・・・私・・・・
私・・・・・・・・・・・・・・・・・
がんばらないでがんばるか
がんばってがんばらないか
。。。。
だめだめだめだめだめだめ。
だめだめ。
だーめ!


■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://nakaism.blog6.fc2.com/tb.php/324-d3d67a95

 | HOME | 

■ profile

nakaism

■ categories

■ recent entries

■ Tree-Arcive

■ ブロとも申請フォーム

■ smap people

■ blog friends

■ USATAKU

■ links

■ SHOPPING

■ search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。